人付き合いだけで食っていける

人付き合いだけで食っていける

さいきん、働く女子って生きづらいよね。

昔からコミュ力高かった?わたしの過去について書いてみた。

f:id:misaki0602:20181231191654j:plain


 

 

年末は自分の実家に帰って来て、

なんとなく中高時代暮らしていた場所に戻って来たのと、

2018年最後の記事になると思うので

昔の自分について書いてみようと思います。

 

小学生のとき

 

とにかくやんちゃで気も強かったと思うんですが、

だからと言ってクラスの中のカーストの高い

集団にいたわけでもなかったです。

 

一番意見力の強い女子の集団の次くらいのグループにいて、

TOPのグループの子達とも仲良くできるし、

いわゆる地味めだったりオタクのようなグループの子達とも仲良くしてましたし、

男子とも仲が良かったので、

良くいうと誰とでも仲良くできる、悪くいうと中途半端な位置にいました。

 

だから、中心グループの子達と遊ぶこともあれば、

男子とドッチボール(懐かしい)しに外に出たりもしたし、

かと思えば一人で図書室にこもって読書にふけったり、

ある時は教室で絵を描いてたりいろいろでした。

 

部活も、近所で仲が良かった女先輩に誘われた合唱部に入っていて、

当時はうちの学校はバレー部と金管楽部が勢力が強かったので、

部活としてもあんまりパッとしない部活に入ってました。

(合唱部の人すみません)

 

今思うと、なんか当時からマイペースで

自分でやりたいこと好きにやって、

好きな時に好きな人と時間を過ごしていたんだなあと思いました。

 

中学校のとき

 

相変わらず気は強かったんですが、

この頃からいじられキャラになり始めます。

 

また、小学校の頃パッとしない部活に入っていたことに

少しコンプレックスを感じて中学デビューしたくて

ソフトテニス部に入りました。

 

ソフトテニス部内は、私の何倍も気が強い女子がたくさんいたので

とにかく私のいじられキャラは加速します。

 

思春期だったのでたまにそれが辛くなったり

結構プライドが傷つけられることもありましたが、

まあいじられキャラもそれはそれで人気者の一種といえるので

頑張って自分を納得させて生活していました。

 

また、当時は基本的にやる気がある生徒だったのと、

学校が始まって以来初めての女の生徒会長だった先輩に憧れていたので

私も立候補して生徒会長をやったりもしました。

(逆に生徒会長っていうのをネタにいじられキャラも加速したけど)

 

 

高校生のとき

 

高校は進学校&滑り止めの私立に進学したので(公立は落ちた)、

周囲が結構おとなしい&保守的な子ばかりでした。

 

部活もやらないのが当たり前でしたし、

クラスで文化祭に参加するのも(任意だったので)

受験勉強に響くから反対派の人もいるくらいでしたし、

問題を起こすと内申に響くからできる限り

おとなしく生きようとしている人も(少数ですが)いたりしました。

 

また、高校時代に1つ契機が訪れたのは、

ちょっとしたいじめにあったことです。

 

高校2年のクラスで、同じクラスだった女友達が

クラスも通ってる塾も同じでとっても仲の良かったのに

突然よそよそしくなって、SNSなどで私の悪口を書いたり、

私以外の女友達とだけ遊んだり、塾でも他校の人たちに

悪口を言いふらされたりされました。

 

理由はいまだにはっきりと聞いたことはありませんが、

どうやら私がクラスの男子や塾の男子に

異様に色目を使っていると言っていたようです。

 

私はそんなつもり全くなかったのですが、

確かに男子とも結構仲が良かったし、

同じクラスに彼氏がいたこともあったので

なんとなくそう見えていたのかなぁと思います。

 

高校時代は、塾もクラスでもそうしてなんとなく居場所を奪われて

部活もやっていなかったので、

とにかく居場所がなくて結構辛い思いをしたのを覚えています。

 

今であればどんどん外に出ていって

自分が居心地が良いコミュニティを

新しく探すこともできるのでそんなことは思わないのですが、

当時は世界も狭くそういったこともできない(ように思えた)ので、

親にも言わずに、ただただ耐えていました。

 

その頃のいじめ体験があって、ちょっとしたトラウマになって

今も人に嫌われることに過敏になっている自分もいます。

無意識に誰にも嫌われないように生きようとしていることに気付かされます。

自分ではそのへん気にしすぎないように意識しているんですけどね。

 

だから、結構高校生の時は気が強いのを隠して

ビクビクひたすらおとなしく生きようとしていたような気がします。

友人も限られた友人しかいなかったような気もします。

(いただけよかったけど!)

 

大学生のとき

 

大学から上京し、地元の友人はほとんどいない環境に

出れることがひたすら嬉しかったのを覚えています。

とにかくいろんな人と関わって、好きなことを好きなようにやろうと決めて

いろんなことにチャレンジしました。

 

結果いろんなコミュニティで

今もよく会う、かけがえのない友人がたくさんできましたし。

 

高校の時に比べて、多様な考え方の人がいたり、

自分で新しいコミュニティに入りたい、見つけたいと思ったら

すぐ行動できて、すぐ新しい友人ができる環境が

とても嬉しかったことを覚えています。

 

その環境のおかげで、高校の時のような

ビクビク生きるようなことはなくなった気がします。

人に嫌われることに怯える根本的な性格はなかなか変えられなくても、

ひたすらおとなしく目立たないように生きようみたいな考え方はしなくなりました。

 

自分が一緒にいて楽しいと思える人と、

ともに時間を過ごせばいいだけだと気付かされました。

 

 

最後に

 

そして今に至ります。

人付き合いだけで食っていける、と言いつつ

 

実は昔からコミュ力高かったり、人間関係に困ったことがない

みたいなことではないです。

 

それなりに困ったり、

実はもともとは根暗で一人の時間も好きだし、

人に嫌われるのが怖いと思ってしまうときもあります。

 

だから、人間関係が得意になりたいけど私にはできないかも、

と思ってる人もあんまり苦手意識を持たないで欲しいなと思います。

 

今年も私の拙い記事を読んでいただきありがとうございました。

これから家族ですき焼き食べて紅白を見て2019年を迎えたいと思います。

 

では、よいお年を!

 

 

▼質問も受け付け中です。人付き合い関係じゃなくてもお気軽にどうぞ。

peing.net

 

▼企画職としての仕事っぽい話とか、プライベートはTwitterで。

twitter.com