人付き合いだけで食っていける

人付き合いだけで食っていける

さいきん、働く女子って生きづらいよね。

お礼だけはNG!もらい物やご馳走になったら実はしたほうがいいこと

 

もらい物やご馳走になったら、

お礼以外に私が必ずやってることがあるのですが、

 

先日不本意にもそれを忘れていて反省した出来事がありました。

f:id:misaki0602:20181130113911j:plain

 

これなんですが、

 

先日ツイッターでつぶやいたんですが↓

 

 

 

会社の他部署の仲良い先輩と、どん兵衛が東西で味が違うという話になり、

関西ver.を食べたことがなかったので、買ってきてもらうよう頼んだのでした。

 

何かと言うと、もらった時はすぐにもちろんお礼は言ったのですが、

「実際に食べた感想を言う」のをうっかり忘れてたのです。

 

※厳密に言うと、感想を伝えようと覚えてはいたのですが

先輩に先に感想を催促させてしまったので…とても反省しました。

 

 

 

お礼だけではなく「感想」を伝えるべき理由

 

お礼を言うのは当たり前です。

それは誰でもできることですし、すべきことなんです。

 

感想を言える人って結構いるようでいなかったりします。

めんどくさかったり、別にいいやと思ったり、

そもそもそんな習慣がない人は考えもつかないと思います。

だからこそ、感想を言えるというだけで、周りととても差がつきます

 

例えば飲み会に連れて行っていただいてご馳走になった翌日、

お礼を言うタイミングがありますよね。

 

感想を言うと「昨日の話、ちゃんと興味を持って参加していたよ!」というアピールになります。

 

このアピールは、特に先輩や偉い方には効果的で、

「真面目にきちんと話を聞くやつだな」

「先輩のアドバイスを素直に聞ける子なのかな」

という印象を与えることができます。

 

また、例えば旅行のお土産をもらった時、

お礼だけではなく食べたり使った感想を伝えると、

 

「そうなんだよ!これ結構おいしいんだよ」

「良さわかる?悩んで選んで良かった」

 

と思ってもらえます。

 

お土産やプレゼントを選んでいる側は、

想像以上にチョイスに悩んでるか、

自分すごく気に入っているものを相手にも共有したくて買ってる場合が多いです。

 

それに対して感想を言うと、悩んだかいあったなと思ってもらえるし、

自分が良いと思ったものを共感してもらえるととても嬉しいんです。

 

 

感想を言うタイミング

 

「なるべくすぐ」言いましょう

相手に催促されるのは言語道断です。

鉄は熱いうちに打て。

 

私はお菓子などであれば、

すぐもらってその場で食べて、その場で感想を言います。笑

 

お菓子のお土産とかって、職場に置いても

なかなかみんな手をつけなかったりしませんか?

せっかく買ってきた側は意外と悲しいんですよね。

 

変に期間をあけるから手をつけずらいのであって、

もらったら「じゃあ早速食べてもいいですか?」で食べちゃっていいんです。

 

言われた側は「すぐ食べたがるほど喜んでもらえて嬉しい…」と思いますし

食べる側ももらったタイミングで食べちゃった方が手をつけづらいこともないですし

すぐ感想も言えるので一石二鳥ですよ。笑

 

 

自分で感想がうまく言えない…

 

感想と言われてもユーモアやウイットのきいたいいコメントが言えない…

そう悩む人も多いと思います。

 

そんな人は

「他人の感想を使う」

これおすすめです。

 

いいコメントじゃなくてもいいんです。

 

「自宅に持って帰ったら、妻が喜んでました」

「今日の懇親会の話をしたら、同僚に笑われてしまいました」

 

これだけでもいいんです。

 

この方法のいいところは

 

・他の人に共有した=もらった人自身が良いと思ったから共有した

・他の人が良いと言っていた=第三者意見なので社交辞令ではなく「良い」と言われてる感じがする

・後日共有した人本人から、「あれよかったですよ」と感想を言ってもらえる可能性がある=自分以外の人からもお礼を言ってもらえる。たくさんの人に感謝されると単純に嬉しい。

 

この3つの効果があることです。

もらったものは、ぜひ自分自身でだけとどめないで

周囲に共有してみてください。

 

 

ぜひ、みなさんも お礼+感想 を心がけて見てください!

ではでは~

 

 

▼質問も受け付け中です

peing.net

 

Twitterもよかったらフォローしてください

twitter.com