人付き合いだけで食っていける

人付き合いだけで食っていける

さいきん、働く女子って生きづらいよね。

オフィスカジュアルと会社での立ち位置とのバランス

f:id:misaki0602:20181114230934j:plain

 

最近は通勤時の服装も考え方が変わってきましたよね。

スーツや制服の企業も減ってきて、

いわゆるオフィスカジュアルを取り入れる企業も増えてます。

 

  

「スーツじゃなくていいとはいえ、オフィシャルな場なのだから、崩しすぎるのもダメだよね…」

「正直、箭◯道彦みたいな金髪×個性的なファッションでオフィスに颯爽と現れるの憧れる!」

 

 

悩みますよね。

 

ファッション誌などでもお仕事服特集が

よく組まれているのも悩んでる人が多いからだと思います。

 

 

オフィスカジュアルに対する基本的な考え方

 

カジュアルダウンしたとはいえ

オフィスはオフィスです!

まずはそれを念頭に置きましょう。

 

雑誌に載ってたり、ネットやSNSで見るようなオフィスカジュアルは

だいたい少しカジュアルダウンしすぎです。

 

OLインスタグラマーや雑誌に載っているお仕事服特集は

フォロワーに見てオシャレだと評価をされることも含めて仕事。

おしゃれであればあるほどもてはやされてフォロワーが伸びるので、

少し実用性からは離れていると認識しましょう。

 

また、実力のあるクリエイターが個性的な格好をしているのも

有名だからです。

有名になって箔がついたから個性的なファッションが映えるのです。

 

 

でも、下積み時代から個性的な有名クリエイターもいるじゃん!

 

って思いますよね。

 

そういう人たちは意識的にも無意識的にも

何千万、何万分の一の逸材クリエイターになる覚悟ができているからです。

 

個性的なファッションが霞んでしまうくらい

優秀な仕事成果を出すための努力をしています。

(本人がそう思ってようが思ってなかろうが)

 

みなさんはどうですか?

あなたのインスタを見てそのオフィススタイルを

心待ちにしてる熱狂的なフォロワーもいなければ、

何万人に1人の逸材クリエイターになると

約束をする覚悟はありますか?

 

わたしも含め、普通の会社員なら

断言できる人は少ないと思います。

 

 

でも大丈夫です。

結果的にインスタグラマーになったら

結果的に逸材クリエイターになったら

結果的にオフィスや仕事である程度認められる立ち位置になったら

その時に個性的なファッションをすればいいんです。

 

「結果が出ていないうちは」 

仕事より目立つ服装をしない

 

 

これが鉄則かなと思います。

 

 

実際どうすればよいかは、また別の機会に。

 

 

▼質問も受け付け中です

peing.net

 

Twitterもよかったらフォローしてください

twitter.com