人付き合いだけで食っていける

人付き合いだけで食っていける

さいきん、働く女子って生きづらいよね。

本当の”人付き合いで食っていく”3つの意味

f:id:misaki0602:20181115161825j:plain

人付き合いで食っていける

 

これだけ聞くと、

 

コミュ力高ければいい」

「顔(コネ)が広くなればいい」

みたいに見えるかもしれませんが単純にそういうわけではないです。

 

もちろん基本的なコミュニケーション力はあった方がいいし、

基本的には暗い人よりは明るい人の周りに人は寄ってくるし、

コネクションだって広いほうが何かとチャンスも多いでしょう。

 

でもそれだけでは浅いです。

私が思うに、本当の意味で人付き合いで食っていくという意味は下記3つです。

 

①信頼関係

②自分が楽しめる人付き合いをする

③人付き合いに頼りすぎない

 

それぞれについて詳しく説明します。

 

①信頼関係

当たり前ですが人付き合いにおいて信頼関係は必須です。

ただ、信頼関係の築き方で、意外とできていないことや

履き違えてしまっていることも多いです。

 

例えば私は下記点に気をつけています。

 

礼儀正しさを欠かない

最初から馴れ馴れしいのはリスクが高いです。砕けたほうが距離が縮まるケースも多いですが、相手の性格や雰囲気を良く観察したり、締めるところは締める(謝罪や御礼など)をしましょう。

 

関係に甘えてだらしなくならない

仲良くなってくると、ついつい甘えて失礼なことをしても許されると思いがちですですが、そこをあえて締めましょう。例えば仲いい友達と約束したときだけ遅刻するなどはNGです。”親しき仲にも礼儀あり”が長く関係を続けるコツです。

 

きちんと深い関係を築く

やたらとfacebookの友達が多い、名刺の数が多くても人間関係が築けているとはいえません。何度も会ったり、深い話をしたり、同じ目標に向かって何かを成し遂げたり。ただコネクションがあるだけではなく、”信頼関係”を築いた人だけが、食っていくための人付き合いのやり方です。

 

②自分が楽しめる人付き合いをする

楽しめないことは続きません。自分が”楽しい”と思える人付き合いをすることが成功の秘訣です。

これに関して気をつけていることは例えばこんなことです。

 

自分のペースでやる

やたらと初めましての人と会ってコミュニティ広げるのって正直疲れますよね。無理しなくてもいいんです、自分のペースを決めればいいと思います。

例えば、「1回初めましての人と会ったら次は気心知れた人と会う」など。交互に会えばなんとなくいけそうな気がします。「月に一回は誰とも会わない土日を作る」など。

 

無理に苦手な人と付き合わない

仕事上だとそうも行かないこともあるかもしれませんが、基本的には無理に苦手な人と付き合う必要はないです。程よい距離を保つことがあなたにとっても、相手にとってもストレスが最低限にすみます。

 

無理に振舞わない

いわゆる世の中で言う「コミュ力」というと明るくて、おしゃべりで、自分からぐいぐい相手に話しかけるようなことを指すと思います。

でもコミュニケーション力ってそうとは限らないです。

落ち着いてて、あんまりおしゃべりではないけど、なんとなく相談したくなる人っていますよね。関係値を築く方法はいろいろあるということです。

ちなみに私は、いろんなタイプの友達を持って、全体でバランスをとるようにしてます。一緒にはじける友達、静かに話したいときの友達、仕事の相談をしたい友達…など。

 

③人付き合いに頼り過ぎない

なんだか矛盾しているように聞こえますが、意外と重要です。

人付き合いで食っていくためには、人付き合いに頼り過ぎないことです。

例えば仕事だったら、愛嬌だけあってもそれが通じない相手もいたり、逆にそれで反感を買うことも多いです。

きちんと仕事のスキルを身につける努力をしましょう。その努力している姿を見せることこそが、人の信頼を得て、最終的には良い人間関係を築くことになるのです。

 

 

 

 

 

ちょっと長くなりましたが、

人付き合いで食っていくこととはこういうことかなと思います。

 

みなさんなりの人付き合いの方法を見出してもらえたら嬉しいです。

 

 

▼質問もお待ちしています

みさきの質問箱です | Peing -質問箱-

 

Twitterもあるよ

みさき (@hatarakumisaki) | Twitter