人付き合いだけで食っていける

人付き合いだけで食っていける

さいきん、働く女子って生きづらいよね。

みんな本当は「偉い人」になりたくない

f:id:misaki0602:20181114231510j:plain

 

偉い人、年上の先輩って、

目上の人だし、気をつかわなきゃだめだよね…

後輩や部下、平社員の私たちはそう思うのが普通だと思います。

 

でも、実は目上のひとこそ、気を遣われたくないんです。

普通に接してほしいんです。

今回は偉い人との上手なコミュニケーションのコツをお伝えします。

 

なぜ気を遣わないほうがいい?

 

あなたが、友人たちに、壁を作られて

腫れ物を扱うように接せられたら寂しいですよね。

 

そうなんです、寂しいんです。

 

偉くなったり目上になればなるほど、

敵も多くなって周りの心許せる人が減ったり、

立場やいろんな人の目を気にしなくてはならなくなるので

昔のようにはしゃげなくなったりするものです。

その上腫れ物を扱うように接せられたら、

なんだか自分がどこか遠くへ行ってしまったような気がして寂しいんです。

 

どう接すればいい?

 

積極的に話しかけたり、

どうでもいいことを自分から報告してみたり、

飲み会に誘ってみたりするだけでいいんです。

 

気軽に話しかけたらだめかな…

飲み会誘ってもどうせ忙しくて来れないだろうな…

 

それでもいいんです。

うるさがってても、弟や妹を邪険にできないのと同じです。

お前の顔は見飽きたよ!と言われるくらいになったらこっちのものです。

覚えてもらってる証拠なのですから。

 

私は会社の代表などは見つけたら明るく挨拶をして、

会うたびに飲みに連れて行ってくださいと言ったり

(だいたい俺は忙しいんだと一蹴される)

お菓子などを持ってたらあげたりします。

 

それくらいのどうでもいいことでいいんです。

とにかく普通の友達と同じようにあえて扱うのです。

 

これだけは注意すべきポイント

 

まず、積極的に話しかけるとはいえ、「ごまをする」ことだけはNGです。

なぜならごまをすった瞬間に、下心を持ってるやつだと認識されるからです。

出世したい・ひいきしてほしいなどそういうものが見えた瞬間に

「ひいきしてほしいから、仲良くしているんだ」と思われ

目上の人にとって、心を許せる対象ではなくなります。

 

本当に同意できることはする、けどやたらと褒め倒したりしない。

素直で正直に付き合うことこそ、

目上の人と本当の意味で仲良くなれる近道だと心に留めておいてください。

 

昔、私の上司で、眼鏡を外すと、とっても顔が薄くなる人がいたんですが、

いつも大爆笑していじり倒してました。

 

また、「偉い人」と「一般人」という立場を逆にネタにすることもコツです。

 

例えばランチをご馳走になったら、お礼はもちろん言いますが、

「明日も明後日もよろしくお願いいたします。笑」と言います。

 

飲み会に誘う時は「高い店でお願いします」とあえて言います。

 

俺はお前の財布じゃねえ!と突っ込ませたらこっちのものです。

 

 

「私はあなたにたかってます」という態度をあえて出すことで

素直なやつだと思わせることもできますし、

高い店をお願いすることで、相手の「目上である」というプライドを満たしつつ、

「なんでいい店にお前と行かなきゃいけないんだ!デートがいいわ」

と言わせることでと肩肘張らずに飲みに連れて行けるきっかけ作りにもなります。

 

 

最後に

 

ここまでで言えることは、目上の方々は

後輩から先輩に接する以上に緊張しています

 

誘ったら嫌でも来るだろうから申し訳ないな…

うざいとかパワハラだと思われたらどうしよう…

こんなおじさん・おばさんと話しても話も合わないから楽しくないだろうな…

 

めちゃめちゃ気にしてます。

自分から壁を壊しに来れる先輩は意外と稀有です。

でも後輩と仲良くしたいと思ってる先輩はとても多いです。

 

「あなたのことを慕っていますよ」という

意思表示を後輩の方から一度してあげれば、

あとは先輩から後輩へ のコミュニケーションは楽なのです。

 

きっかけを与えてあげるだけでいいんです。

あなたから積極的に声をかけたら、

うざがられればうざがられるほど

喜んでることを忘れないでください。

 

 

▼質問もお待ちしています

みさきの質問箱です | Peing -質問箱-

 

 

 

Twitterもあるよ

みさき (@hatarakumisaki) | Twitter